フロン排出抑制法にともなう点検・メンテナンス

フロン排出抑制法

点検種別

点検種別 対象機器 圧縮機の定格出力 主な対象機器 点検者 点検頻度 点検内容
@簡易点検 すべての第1種特定製品 全ての業務用エアコン・業務用冷蔵機器・冷凍機器 管理者・ユーザー(専門業者に委託可能) 3カ月に1回以上 [目視検査]
室外機・室内機の熱交換器および配管部分の異常音、異常振動・油にじみ・腐食・さび・傷・霜付きなど(冷蔵・冷凍機器の場合、庫内温度の確認も必要)
A定期点検 業務用空調機器 7.5KW以上
50.0KW未満

大型店舗用エアコン、ビル用マルチエアコン、ガスヒートポンプエアコン

有資格者 3年に1回以上 [直接法]
  • 発砲液法
  • 漏えい探知機を用いた方式
  • 蛍光剤法
  • [間接法]
    チェックシートを用いて、稼働中の機器の運転値が日常値とずれていないか確認し、漏れの有無を診断。

     

     

    50.0KW以上 中央方式エアコン 1年に1回以上
    業務用冷凍・冷蔵機器 7.5KW以上 別置型ショーケース、冷凍冷蔵ユニット、冷凍冷蔵用チリングユニット

    >>>フロン排出抑制法ポータルサイト(環境省)

    >>>第一種特定製品管理者の役割と責務(一般財団法人日本冷媒・環境保全機構)


    定期メンテナンスのメリット メンテナンスお問い合わせ


    点検の記録

    >>>点検記録簿ダウンロード(日設連)


    報告

    算定漏えい量の算出方法

    算定漏えい量(CO2-t)=Σ(冷媒番号区分ごとの((充填量(kg)-整備時回収量(kg))×GWP))
    フロン算定漏えい量

    1,000CO2-ton/1年間とは

    フロン種類 地球温暖化指数 換算量(kg)
    R22 1810 552.5
    R407C 1770 565.0
    R410A 2090 478.5
    R134a 1430 699.3
    R11 4750 210.5

    メンテナンスお問い合わせ

    このページの上部へ